そろばん教室で何を学ぶ?

 

*教室の横に咲いている酔芙蓉(教室たよりにコメントした花です)。ちょうど色変わりの瞬間を見つけました。朝の通勤前には写真を撮る方もいますが、昨日はスケッチをしたいという方がきました。

そろばん教室は昨年から今年の9月にもまだたくさんの体験希望がずっと続いています。ブームなのか理由はよくわかりませんが、嬉しいことですね。先月にも、珠算に少し興味を持った年長さんから5年生までのお子さんの親御さんから問合せがあり体験となりました。当教室の個別に設定の体験学習の時間では、入学の有無を問わず、映像も見ながら一通りのカリキュラムとそろばん技能の実用性を感じていただくことを目的にしています。もし、メリットを感じていただければ、いろいろな習い事の中からそろばんを選ぶということになります。ですのでもし、少しでもご関心があればお問い合わせください。

ところで、そろばん教室で「何が習得できることを期待している」のでしょうか。いろいろな学習内容のそろばん教室がありますので一概に言えませんが、有段者になることや検定合格でよいでしょうか? 特に昔の「検定合格=就職に直結」ならば、それも有りですが、今の時代はそうではない現実があります。重要なことは、技能検定とは「一定の技能、スキルを証明するもの」というところを忘れてはいけませんね。そしてその技能とは本来、「何かの役に立つというところがポイントのはずですね。最近の検定にはそうではない(当人が使えない、使わないというだけの問題かもしれませんが)単に合格証書を持っていることでしかならないようなものもあるように思われます。技能が「宝の持ち腐れ、猫に小判」という状態ということです。当面の目標として検定合格はよいですが、ゴールを合格することにおいてしまっているからでしょうね。(あとのことはあとでその時考えればよいということでしょうかね)

体験の当日の印象は、そろばんそのものあるいはその技能に多少の不安を持ってこられた方が終了後にはそれはなくなりやってみようと考えていただく方が多いのもとても嬉しいことですね。やはりご自分のお子さんがどの程度までの技能、あるいは他にもどのようなことができるようになるかという具体的な内容に関心があることは確かです。技能としては究極のレベルと現実のレベルがイメージできるか否かと思っています。理想は高く、されども現実はどこぐらいまでできたらよいかもというレベルがです。そしてその技術が他の習い事と比べてそろばん学習で習得できそうならば、様々な習い事の中で選択肢に入るとなります。私はそれでよいと思っています。あとはレベルアップにはそれなりの時間がかかることに我慢できるかかもしれませんね。ここでは「すぐにできないと諦めて続けることをやめてしまうというもったいない行動もあります。「石の上にも三年」が大事ということですね。

 

学習習慣と見直し学習ほか

暑い夏、台風など自然の猛威は大変な8月ですが、夏の第100回の高校野球大会の秋田の公立高校の金足農業高校旋風はとても感動するものでした。今週のアジア大会の水泳陣の躍進もとても素晴らしいですね。日本のスポーツのレベルアップが見えており、皆さんが熱くなり、何か動かされるということはとても良いことで、こういう感動があると元気がでて、嬉しいものですね。これからの子供たちは是非、その中心になることも目指してみてはと思います。

さて、教室は一週間の休暇明けの確認トレーニング期間が終わりました。見事にやり方を忘れてくる人もいましたが、一通りほとんどの人が見直しをしました。1部の時間は加算の基本から、2部、3部はかけ算、わり算。わり算は、なかなかやり方を覚えられない人は来週も引き続きとなります。「覚えたことを使う」は、「やり方を正しく覚える」がスタートですが、どうもそれができない人が増えています。全ての学習の基本のこれができず、何度も同じことを注意されるようではダメですね。とはいえ、1部は、基本を、2部、3部のメンバーはほとんどが勘を取り戻したようですので、来週からは前に進めます。

さらに、1,2年生の中に休暇中に数冊宿題として持ち帰った算数の「基礎学習練習帳」をたくさんやってきた人が何人もいました。(当教室は算数学習も併用しています)3年生ぐらいまでに自宅での自主学習習慣をつけることが主目的のものでもありますが、始まってからも引き続き自宅学習がつづいており、毎回やり終わったものを持ってきています。年長さん、1年生、2年生にとってはとてもよい習慣ですねこれができるようになれば、そろばんだけでなくどのような勉強にも繋がります。算数が中心のものですが、文章をしっかり読んで答えなければならない文章題特集もあり、1,2年生でよくできている人の内容は将来楽しみです。計算するというそろばん技能が算数などで実際に使える技能にきっとなりますね

 

8月検定結果と休暇前イベント

教室は夏休みに入りましたが、先週に、8月検定の合格発表と最終日はちょっといつもと違た問題に挑戦のイベント日としました。集中力がどれくらいまでレベルアップしているかの確認問題でもありました。予想以上の参加者(夏休みの欠席者を予想していましたが、1部と2部はほぼ満席)で2部でほぼ景品がたりなくなり、3部は追加しなければの状態でした。

1部では、普段の学習でコツを掴みはじめた1年生(女の子)が2年生、3年生よりも、2部では3年生が5,6年生よりも要領よくこなすなど面白い結果もでていました。1年ぐらいの学習継続がそろばんの技能だけでなく、精神力や応用力も向上させているようで今後がとても楽しみですね。継続は力なりですね。

ところで、8月検定の結果は夏季休暇中の検定試験で受験者数がいつもより少なかったのですが、合格者名をいつものように壁に張り出しています。全体としては、種目別の級によって良し悪しがでた内容でした。複数種目合格者は、4種目合格者が1名(今年1月末入学の約7か月目の現4年生)、3種目合格者も1名(昨年8月入学のちょうど一年の5年生。今回の合格で四種4級以上合格のオール4級到達)。個別には、珠算は、9級から4級までの合格者。6級であと一歩組多数。暗算は、5級があと一歩組み多数でしたが、他の級は全員合格で1年生(女の子)の6級合格者もでました。読上種目は、読上算4・6級は全員、ほかはバラバラ、読上暗算6級以下は全員合格、4・5級が今回は散々の結果でした。なかなか合格点に到達しないメンバーと立て続けに上級に登っていくメンバーに今回は分かれた感がある検定結果でした。

夏休み明けは20日からですが、毎回実施の休み明け確認トレーニングからが入ります。毎年、やり方を見事に忘れて来る人もいますので、1週間は見直し期間ですね。

清々しさと踏ん張り力

サッカーのワールドカップの帰国会見での選手の清々しい表情が印象的でした。予選突破の感動、練習時の苦しさ、決勝トーナメントでの敗戦の時の悔しさも映像で見ましたが、何事もやるべきことはやった、やり切った後というのは大事ですね。

ところで、そろばんの6月の試験場検定の結果が発表されました。合格者はおめでとうございます。達成感と喜びの気持ちを忘れずにです。一方で、今回は、あと10点~20点で合格点に届かない「あと一歩組」も多数いました。合格圏にいる場合には満点を目指すことなどの高い目標設定となりますが、合格ラインにいて、それを合格にするにはという最後の追い込みができなかったということですね。どのようなことにも「登りきるにはそれ相応の最後の踏ん張りが必要」です。そろばんでは「スピードと正確性」の2つテーマの中で、全体で指摘されている内容(間違いは確実に直し次にはできるようにする、全問をやりきるスピード感、コンマ忘れ、正しい数字を書くなど)、種目別で指導されている内容(桁間違い、数字の置き方、わり算で4引いて4を足すなど)を一つ一つ真面目にミスをしないようにマスターすることが大事ですね。ただ、練習量をこなすだけでは突破できないことがあります。リベンジ組は10月に頑張りましょう。

また、教室の1部の初心者・初級者にはそろそろ慣れとともに一気に加速しはじめている人逆に中だるみの出てきた人もいます。前者はやり方をマスターできた人、コツを掴んだ人で、者は少し難しくなったり、やり方を覚えられない(覚えない)場合にあります。そのためエンジンがかかるまでなかなか前に進めないことになります。前者は問題ありませんが、後者は障壁になっているところを一人一人クリアしていくまで時間がかかります。苦手を克服するという壁突破の力(これも踏ん張り力ですね)が必要ですが、こういう学習に慣れていないので学年が低い初心者は個人差が出ます。とはいえ、入学後1年以上メンバーは年長の一人を除いて全員が初級者以上になっていますので、時間で解決できていくものでもあり、少し我慢ですね。

全国あんざんコンクール川崎大会(7/1)

7月1日()に昨年10月にオープンしたばかりのとても綺麗な会場のカルッツかわさきの会議室で開催された「(第2回)全国あんざんコンクール川崎大会」に教室からは学年別のあんざん技術の上位陣から8名が参加しました。個人総合競技、読上暗算・フラッシュ暗算競技、団体競技、あんざんチャンピオン決定戦が行われました。参加メンバーの成績結果は、個人総合競技小学2年生以下の部に1名、3・4年生の部に1名入賞読上暗算・フラッシュ暗算競技3・4年生の部に2名が入賞団体競技は4部門の4選手の成績合計で決まりますが、今回は教室から中学生が参加できなかったこともあり小学生3人の合計点のみとなり次点の6番目で入賞は逃しました。とはいえ、参加者全員、各自の得点成績はかなりよい成績でしたので、通信での大会参加者と合わせての金賞・銀賞・銅賞では参加メンバーは上位に入れそうですね。

通信競技大会と6月教場検定結果から

先週に「第23回全神奈川通信競技大会(5月実施)」の結果を、今週に「6月教場検定(6月第3週実施)」の結果を教室に張り出しました。どちらにも共通している顕著な内容は、昨年、今年に入学した人の多くがぐんぐん成績を上げてきています。「継続は力なり」ですね。まず、今回の通信競技大会には教室から初参加の19人を含めて55人が参加。1000点以上が7人、前回最高点比100点以上アップが11人(36人の連続参加者中)。得点的には上位陣は少しふるいませんでしたが、前回よりアップした得点の比較によって表彰されるチャレンジ度表彰は大健闘でした。なんと、6人がチャレンジ度賞状(川崎市内で22人授与者)をいただきました。半年間での成長度合をみる表彰ですので素晴らしい結果です。さらに、その中の2人(2年生男の子、3年生女の子)は前回の22回に引き続いての連続表彰でした。

6月の教場検定の結果については、珠算も、暗算も、読上種目も下級は大変良い結果中級はほぼ半々上級は厳しい結果でした。四種目(珠算・暗算・読上算・読上暗算)同時合格は昨年入学(8月・11月)の現5年生が2人まだ10ヶ月目と8ヶ月目ですが、1人はオール5級に到達です。8月に珠算4級に挑戦かもですね。フラッシュ暗算も取得していますので、いろいろな能力向上を短期で実現です。週2回の学習でも十分可能ですね。

珠算」は、準2・4・5・6級はあと一歩組多数、7級以下は全員合格1年生の女の子3人組は7級に挑戦し、揃って合格しました3人は読上暗算5級にも合格です。先に合格していた一人に追いつき、珠算7級合格&読暗5級合格の4人組となりました。次は、「暗算検定」にも挑戦となります。「暗算」は、1・2級があと一歩組多数、今回6級の初挑戦組が2人はわずかに合格点に届きませんでしたが、6人が合格しました。12分の壁を突破し、かけ算九九をスピーディに使いこなせるようになってきました。次も楽しみですね。「読上算」は、5級・6級で1人は合格できませんでしたが、9人が合格。しっかりと耳で聞いた数字をそろばんに正しく入れることができるようになってきていました。集中力のレベルアップの証明ですね。「読上暗算」も6級・7級は全員合格。初受験の6人(満点が3人)で合格です。下級がこのように頑張っていますので、中級、上級者は次回にリベンジですね。

SⅢ参加者7名が大健闘(5/20県大会)

昨日5月20日()、「グランプリジャパン2018神奈川大会(チャンピオン2018神奈川・チャレンジ2018神奈川)」が川崎商工会議所のKCCIホールで、約230名の各教場からの選手が集まり盛大に行われました。チャンピオン大会(計28名参加)のジュニアの部、スクールの部、シニアの部のそれぞれ上位2名は県代表として、7月に行われるグランプリジャパンの全国大会へ推薦されました。また、ジュニアの部では、600点満点の小3、小4の2名での決勝も行われるほど、レベルの高い大会でした。

教室からは、チャレンジ大会に12名(SⅠに1名、SⅡに4名、SⅢに7名)が参加しました。結果は、SⅢの7人(SⅢの参加人数77人の中で)が 全員入賞 (5年生の1人は3種目入賞)する大健闘でした。今回SⅢ初参加の2年生も、わり算種目の第3位に入りました読上算の3位、読上暗算の2位にも5年生の2人が上位入賞し、教室での普段の練習の成果を本番でも発揮できたように思います。SIとSⅡは厳しい結果でしたが、SⅡの読上算では、決勝まで1名が進み、3位入賞しました。全体としては、とても頑張りました。

ところで、このチャレンジ神奈川大会は恐らく全国でも珍しい形式の大会です。神奈川県下では毎年2回通信の競技大会が毎回約1500名の参加者があり、その2回に参加すると翌年のこのチャレンジ大会の参加資格が得られ、その過去の得点によって、上位者から「S0クラス、SⅠクラス、SⅡクラス、SⅢクラス」のレベル別に分けて競技を行う大会です。クラス別の入賞も、個人総合は5位まで、かけ算、わり算、みとり算、読上算、読上暗算、フラッシュ暗算は10位までが表彰される大会で、そろばんの技術レベル別に参加者は楽しめる大会です。教室では、毎年10~15名が参加できています。

 

フラッシュ暗算で脳トレ

「10個の数秒だけ見えた数字の足し算を頭の中で計算できますか?」 4月の教室でのフラッシュ暗算検定はたくさんの受験者がありました。フラッシュ暗算は、「目で見た数字を頭の中で瞬時に計算する技能」ですが、一種の「脳トレといってよいものかもですねTVでもスーパーキッズの計算技能として取り上げられることも多々あります。 できるようになると、3桁でも4桁でも、それも10口(個)や15口(個)の画面にでてくる数秒の数字を頭の中で計算できるようになります。

教室では、珠算の8級クラスに到達した人からフラッシュ暗算検定に挑戦し始めます。最初の検定の10級ならば、1桁の4口(個)からの計算ですので、易し過ぎる人もいます。その場合は、少し上からチャレンジとなります。練習も一人でできるもので、頭の中でそろばんの珠を動かせる人で、そろばんの珠を記憶したままのトレーニングができるようになるとあっという間にレベルが上がります。目安として2桁10口の数字を計算できるようになれば一つの技能と言えると思いますが、やはり3桁10口はクリアしてもらいたいですね。

そろばん技能の中でフラッシュ暗算はパソコンやスマホを使ってマスターできる技能」ですので、他の人と違った技能として習得するには「時代に合った計算技能」と言えるかもしれません今回の教室の検定では、1級合格の2名から10級の4名合格まで計24名の合格者でした。10問中8問以上の正答率(80%以上)が必要ですので、数字で計算をしてしまう人(それでもできないというわけではありません)とケアレスミスが多い人は連続で不合格の人もいますが、基本のやり方をマスターした人は連続で合格しています。得意、不得意がでる種目かもしれませんが、是非とも全員がマスターしてほしい計算技能ですね。

全川崎珠算競技大会2018年

昨日、4月15日()、川崎商工会議所のKCCIホールで「全川崎珠算競技大会(オール川崎)」が約180名の参加者で行われました。教室からは、今年は小学4年生から中学3年生までの10名の選抜選手が参加し、普段の技能の腕試しをしました。川崎の大会のレベルとしては高い参加基準の大会で、今回は、小学生は珠算3級~準1級合格者以上の6名、中学生は1級合格者4名で臨んだ大会でした。

結果はよく頑張り、「個人総合競技」では、小学生の部、中学生の部に1名ずつ入賞、種目別競技の「読上暗算」も、小学生の部、中学生の部に1名ずつ、「読上算」参加メンバーの半数、小学生の部に3名、中学生の部に2名、「フラッシュ暗算」小学生の部に1名入賞の計10の入賞となりました。

普段の練習は競技会向けにしているわけではありませんが、技能を向上させるためのトレーニングとして競技会の練習はとてもよいもので、今回の練習で「スピードと正確性」をアップさせた人は、次の技能検定に挑戦ですね。

 

4月教場検定結果(速報)2018年

先週実施の4月の教場検定の結果を教室のボードに張り出しています。今回の全体としての結果は、一部の種目と級でダメだったところはありますが、おおむね良好の結果となっています。複数種目受験の4種目受験者は、2人(新2年生と、新5年生)が全4種目合格、1人が3つ合格でした。ほか、3種目受験で、3種目合格者も1名(新4年生)でした。

種目別では、「珠算」は、準1級、準2級が一人ずつ合格、4級は全員合格、5級が玉砕、6級以下は、8級で見取算を失敗した一人を除いて全員が合格です特に、4級合格者のうち2人(新2年生、新3年生)は、つい2か月前の2月検定で5級合格で今回の4月に4級合格の連続合格でした。よく頑張りました。「暗算」は、1級が玉砕しましたが、他の2級以下の受験者は全員合格です。「読上算」は、段と3級・4級が苦戦でしたが、2級と5級以下は全員合格です。「読上暗算」は、1~3級は苦戦でしたが、4級以下は8割以上の合格でした。特に、4級と5級は合わせて10名合格しています。これまで苦戦続きだった2桁の読上暗算ができる人が一気に増加ということですね。さらなる上を目指して頑張って欲しいですね。

次の検定は6月で期間があきます。その間に競技会などがありますので、そちらも頑張ってみましょう。