そろばん学習(体験学習から)とは

そろばんで何を学ぶ、あるいは学べるか」という問いについて以前からいろいろとコメントしてきましたが、そもそものところで「そろばん学習のイメージがない人がたくさん(恐らく圧倒的多数)」になってしまっていたり、以前に学習してきている方も「今のそろばん学習の内容ではなく、以前のイメージのまま」という人ばかりというのも事実ですね。昔のイメージと電卓との対比で言われるツールとしてのそろばんしかイメージできない方には、「いかに役立つとか良いとかを聞いたとしてもイメージできないものをイメージすることは残念ながら難しい」ですよねまして、ひとまず聞いてみようというステップに進むことも難しいと思いますね。

それでも、これだけ長い間かつ今でもたくさんの取り組む人があるには理由があります。お子さんの能力開発にメリットになるものがあるからですね。ですので、もし少しでも興味を持たれたら、あるいは知り合いのお子さんのそろばん学習のお話を聞いたりしたら、無料の体験をしているところもたくさんあるので一度は是非とも聞きにいっていただきたいと思いますね。何をやっているかを、実際に見て、聞いてみてそれでも役立たないと思ったら他のものでよいですから。「百聞は一見に如かず」です。またそろばんでなければ学べないものもありますね。単純な計算問題ならば、そろばんでなくとも違うやり方ですが習得できます。算数の勉強を学ぶためにそろばん教室へというのも違いますね。

例えば、そろばんでというものとしては「大きな数字(実際の、日商の珠算1級では10桁数字を10個足したり引いたりします)を見ても抵抗感がなくなる」というのは他ではなかなかないように思いますが、いかがでしょうか?小学生でそれができたら数字や算数嫌いは少なくなるように思います。耳で読み上げられた数字を聞いて暗算したり、そろばんに入れたりする読上暗算や読上算で鍛えられる「一度で正確に聞き取る力」や、フラッシュ暗算の「画面上の数字を一瞬で読み取る(目で見て覚える)力」はどうでしょうか? 前者は「聞く力」後者は「動体視力などのトレーニング」ですね。他にも、制限時間内、一心不乱に問題に取り組む「集中力トレーニング」などもありますね。「かけ算九九をしっかり覚えることができる」とか、「(電卓を使わなくても)暗算でも計算ができるようになる」ということは当然のものとしてありますね。こういう基礎的な力(人間力)を身につけたいと思った場合には、そろばん教室のドアをたたいてみてはと思います

20分、30分の精神力トレーニングも

毎年、冬期や夏休みなどの少し長いお休みのあとの「 休み明け確認トレーニング 」はやはり効果がありますね。トレーニングのち、第一週の後半の2日間に合格級の問題に挑戦したメンバーも先程採点が全て終わりましたが、ほとんどのメンバーが合格点をとっています。勘を取り戻し、スピードも技術も以前のレベルに戻った印象です。現在の練習級に挑戦のメンバーもやり方は思い出し、何人もが合格点を出しており、昨年同様に今年も休み明けにもかかわらず、日商1級問題挑戦組でも3名が合格点を出していました。このまま2月検定に向けてとなりますね。来週からは、完全にいつものカリキュラムに戻りますが大丈夫そうです

また、この一週間で全員が来た年長さん~2年生の1部の時間の初心者組も意欲高く取り組めるメンバーがたくさんいました。1部の皆さんの元気さは凄いパワーがありますね。前回検定に合格しているメンバーは次の級の積極的にチャレンジしています。指のトレーニングはマスターし、読上暗算も、読上算にも挑戦しています。この調子ならば、4月の検定結果で2部に移れるメンバーも多く出そうですね。また、このレベルに来ると「一定時間集中して取り組めるか否か」がポイントですね。「 初級クラスは20分6級以上の中級クラスは30分 この時間集中し、やり抜く精神力が鍛えられた人からどんどんレベルアップしていっています。技能はやり方を覚えればできますが、やり抜く力はやはり精神力からですね。

一方で、ここになかなかたどり着けない人の場合には、できるようになった人より長くトレーニングをし続ければ最終的にはどうにかなりますね。そろばんとはそういう環境です。この場合には我慢して、できるようになるまで少し長く時間をかけてやり続けられるかが上に上がれるか否かでもあります。残念ですが、ここで、できないからやめるを繰り返す人は「どのようなものでも恐らく同様」ですね。(ちょっときついからやめるも同様です)反復トレーニングで身につくものを軽く見てはいけませんね。その意味で、この時期は体験の問い合わせが続いていますが、最低でも期間として2年~3年は続ける意志を持って入学していただければ相応の技能や能力を付けて卒業できるはずですので、そういう能力開発を是非目指して取り組んで欲しいと思いますね。

箱根駅伝と職人ワゴン

何かのヒントを得るために、感性を磨くためにも様々なものを見たり聞いたりする機会があるとよいですね。読書だけでなく、箱根駅伝、年末年始のTVなどからいろいろありました。そろばんではチームビルディングというものはないですが、個のレベルアップのための手法、全体のレベルを持ち上げる手法、技術の応用利用などがあります。日々何かヒントをと思っているとどこにでもヒントがありますね。

今年の箱根駅伝の東海大学の総合優勝、往路の東洋大、復路の青山学院大の戦い、見事でした。特に、5区山登り、7・8区の戦いなど印象に残るものでした。毎年、正月の2日・3日の箱根駅伝は何か感じるものがありますね。各大学での日々の練習は過酷なものとは思います。また、1人だけではできないチーム競技の当日(2日間)の最高の10人を揃える(選ぶ)難しさは難しいものでしょうね。個の強さ、レベルアップとチームビルディング。当日の走りや駆け引きを見て感じることだけでなく、さまざまな話を聞くだけでも学ぶことが多いですね

また、「世界!職人ワゴン2018」というTV番組も面白いものでした。見入ってしまいました。今回はドイツで、日本の職人がいろいろな修理や改善要望に応える内容のものでしたが、日本の昔からの職人の技術利用、発想の転換からのスロープ作りや回転ロッカーの作成の工夫などなど。さらに、最後のカセットデッキをアンプにというのは見事でした。「これぞ職人」というものですね。経験とはこういうことができることで、技術を活用するということはこういうことかもですね。そろばんの技能もどう使えるかもっと考えたいですね

 

新年スタート(2019年)

あけましておめでとうございます。年末から少し暖かい日々が続いています。元旦に近くの神社にお参りにいきましたが、昨年に引き続きアルバイトをしている教室の卒業生の巫女さんにも会いました。今年も良い年にしたいものですね。ところで、このお休みは興味を持って買っておきながら「つんどく状態の本」を少しずつ片付ける充電期間としています。やはり、本の中には気づかされることが多く、今後に活かしたいと思いますね。

さて、もう一つ。年末年始にこれまでの教室の振り返りをしていました。教室の学習者はお陰様で毎年コンスタントに入学し数年前に比べて倍近くになり、全体の技術レベルも毎年レベルアップしてきました卒業生も最近は心配をしなくても一定の目標レベル以上までほとんどが到達し卒業するようになり安心しています。やはり、数年間の継続する努力ができるかどうかということですねまだ数か月から1年程度の習い始めの年長・1年・2年生の多くも技術の基本マスターと集中できる一定時間の第一段階に到達し、次々といろいろな技能種目の検定種目に合格していますので、今後も楽しみですね。能力開発のきっかけになっているのではないかと思います

年始は7日からスタートしますが、今年も休暇明け確認トレーニングからです。やり方をしっかり思い出し、次の段階に進めるようにです。スピードも完全に落ちている人も1週間ぐらいで戻せれば大丈夫です。さらに、習い事全般やそろばんに興味を持っている方から問い合わせも入り始めます。既存のメンバーは、新しく始める人に追いつかれないようにですね。

クリスマス会も終了

12/20(木)と21(金)の2日間でクリスマス会を行いました。そろばん教室ですが、「センスの確認と頭の体操の2日間」でした。最初の問題はここ数年、毎年実施していますが、なかなかできませんでした。全問正解者がたった一人、いかにカレンダーをよく見ていないかと秒感覚が少し怪しいのかですね。もう少し常識学習とトレーニングが必要ですね。とはいえ、早退が1名いましたが、申込者全員が参加でしたこの90%以上の申込率で、出席率100%(欠席者0)は凄いですね。たくさんあったお菓子も景品も一日でなくなりました。

問題は慣れている人とそうでない人とで差が出ています。問題によっては、やり方の説明をしっかりと聞くということができている人はできますが人の話を聞かずに勝手に問題を解き始めようという人はやはりダメですね。見事に結果に差が出ています。算数の「式を立てられる能力」というものと同じで、「問題をどのように解くかの方針が立てられるような能力」が必要ですね。さらに、普通の数字を使った問題はできますが、易しいはずの絵の間違い探しは悪戦苦闘の人も。それも高学年で。個人差がでますね。頭の柔軟性も大事ですね

最後の文章題はこれも見事に割れました。数年前の類似問題ですが、早々に解けたグループあるいはしっかりと考えて解けたグループ、簡単な文章にもかかわらず全く太刀打ちできない文章を読む力が弱い?グループ、問題はできても常識が?のグループか計算間違いのグループ。結果は、ほぼ3つに割れました。最後のそろばん教室で計算間違いは「紺屋の白袴」でダメすね。 教室で学習している「育脳トライアル」の問題のようにそろばんの計算問題だけでないこういう問題にも普通に対抗できる応用力を是非とも身につけて欲しいですね。どちらにしても、できてもできなくても全員が景品とお菓子を持って帰りました。楽しめたならばよいですね。また来年です。なお、教室は、年内は終了で、1月は7日(月)からスタートです。

フラッシュ暗算検定と全神奈川通信結果

12月フラッシュ暗算検定と11月の第24回全神奈川通信珠算競技大会の結果ですが、どちらもとてもよい結果がでています12月は、教場検定に引き続き、技能アップをし、結果をだせたメンバーがたくさんで年内を締めることができました。3月の優良生徒表彰式の四種表彰者(1級~3級)も過去最高の11名となりました。

12月のフラッシュ暗算検定」は、クリスマス会の前日までの木曜日~水曜日の1週間で実施しました。今回は、全体人数の半数以上の受験者で、結果は、段以上の受験者はいませんでしたが、3桁5口の1級合格の2年生を筆頭に、全体でなんと29名の過去最高合格数となりました。合格点に届かなかったメンバーもあと一歩の70点組が多数でした。前回の大量の不合格で心配しましたが、前向きなドライブがかかったメンバーもたくさんですね。正しい努力をし続ければ、結果は自ずとついてくるものです。次回も頑張りましょう。

また、11月に実施の「第24回全神奈川通信珠算競技大会(通称:スピード)」の結果も張り出してあります。参加者は57名。得点では、1000点以上が7名、教室の1位は、神奈川県144位、川崎で54位でした。初参加は10名でしたが、初参加組の最高得点者は、教室内26位で、2回目以上メンバーを22人抜きしています。前回23回との得点比較では、100点以上のアップ者が18人、中でも前回比較トップは12月の珠算4級を高得点での合格者が前回比250点アップ。ほか、200点以上のアップ者が3名いました。前回23回との連続参加者の46名のうち42人が前回比アップで、皆さん、半年間での努力の結果ですね。よく頑張りました。次回は、5月です。

クリスマス会準備と山ゆり号

教室は今週末で今年は終わりです。毎年、最後の2日間はクリスマス会です。予約申込みは今年も95%の申込みで欠席は数名です。いつもとは違った問題に挑戦してプレゼントとお菓子を持ち帰ってもらいます。準備は、着々と進んでいます。 まずは、お菓子から。箱買いと袋買いです。今年は例年とちょっと違ったお菓子が手に入りました。そして、先程、全員分の袋は用意できました。景品も大きな箱4箱ぐらいの中にたくさんです。おもちゃ、スポーツ用品、文具、その他の一品物のちょっと高額なものも。1年かけて集めたものを大盤振る舞いで一気に放出します。

ところで、何十年と続く最初2コマから始まったイベントも、今年はとうとう5コマでの実施となっています。1日目の最初の時間は年長さんから1年生が対象で15人ぐらいが参加でスタートです。2日目の最後の時間は一番多い人数でかつ、高学年が多数参加です。問題も学年別に全種類用意できました。易しい問題からちょっと頭を使わないとという問題まで。さて、誰ができるかですね。どちらにしても、楽しんで帰ってもらいましょう。

それから、「地域のコミュニティバスの山ゆり号」をご存知でしょうか?13人乗りで、百合ヶ丘駅、高石団地、原店前、スーパー三和などを循環しています。教室の目の前のゆりが丘ヴィレッジ前にも停留所があります。写真はちょうど停留場にとまっているところです。今週からその山ゆり号のバスの横のところに教室名「高石珠算教室」を貼っていただいています。(写真ではちょっと見えずらいですが、後ろのところです)もし、バスが通ったら見てみてください。

12月検定、年長~3年生が頑張りました。

12月教場検定の結果を教室に張り出しました。今回は、満を持しての今年あるいは昨年末入学の年長・1年生・2年生・3年生の初受験多数と4年生・5年生の最近入学のメンバーの学習期間が短期での受験者多数の検定試験でした。総じて、とても合格者の多い検定でした。複数受験者では、9月入学の5年生が3ヶ月で4種目合格(珠算7、暗算6、読上5、読暗6)、3種目合格者も4年生に2人、5年生に1人。2種目合格者は多数でしたが、一方で、玉砕の人も数名いました。

個別には、珠算の結果は、9・10級の年長から3年生の受験者の7名は全員合格、同時に読上暗算の7級を受験した5人も全員合格。中でも9月入学の年長の女の子は、0からスタートでしたが、かけ算、わり算もやり方を覚えて、9級に3ヶ月目でしたが、とても良い成績で合格しました。次回2月は8級に挑戦かもですね。1・2年生の中のよい成績で合格の人も同様です。上の級では、準1級、準2級も1名ずつ合格です。準2の合格点に届かなかったメンバーもあと一歩でした。4級から8級は、ほぼ半分の合格でした。

暗算は、1級に2年生が合格2級はあと一歩組ばかりでした。一方で、3級受験者の4人と6級受験者の7人は全員合格、5級は2人が届きませんでしたが、それ以外は合格でした。1年生で暗算6級を受験の3人の女の子は揃ってほぼ9割の正答率で合格しました。読上算は、2級の2人は合格、3級、4級はほぼ半分、5級・6級は7割以上の合格でした。読上暗算は、2級が玉砕など4級以上はかなり厳しい結果でしたが、下級の5級から7級はほぼ合格のとても良い成績でした。

今回は、ちょうど受験タイミングに来た3年生以下のメンバーが一斉に受験となりました。初めて受験でしたが、とても良い結果がでています。週2回しっかりと練習すれば大丈夫ですね。また、学年が上の入学者も短期間で結果をだせた検定でした。次はフラッシュ暗算にも挑戦するメンバーがたくさんいます。精一杯頑張ってみましょう。

2018年全国そろばんコンクール川崎大会で健闘

昨日、11月23日(金・祝)に、川崎商工会議所の2Fの大変素晴らしい会場のKCCIホールにて、「2018年全国そろばんコンクール川崎大会」が行われ、教室からは教室内学年別の上級者の最終4部門に11名(12名申込中、1名欠席)が参加し、普段の技能を同学年の中で試してきました。当日参加者184名、2年生以下から、高校一般までの5部門に分かれて、個人総合、読上算、読上暗算、団体競技と番外競技の盛りだくさんの大会でした。参加したメンバーは以下の通り半分のメンバーは入賞できましたので、楽しんで来れたのではないかと思います普段しっかりと練習をすれば、こういう大会でも成果が出ますね

成績結果の詳細は、個人総合競技で、2年生以下の部に1名と3・4年生の部で1名の計2人が入賞枠に、読上暗算競技の3・4年生の部に4年生が1名3位枠に、そして教室のこれまでの伝統を引き継ぎ、読上算競技では、2年生以下の部で2名が3位枠に、3・4年生部でも2名が3位枠に、5・6年生の部で1名が3位枠に、中学生の部で1名が3位枠の参加メンバーの半数の計6名の入賞となりました。団体競技では、1問間違いで上位入賞は逃しましたが、第8位でトロフィーをいただきました。個人総合はもう数名入賞の可能性はあったのですが、大会本番ではなかなか難しかったですね。

当教室ではこういう大会には毎回参加します。対外試合での実力試しでもあります。また、小・中学生時代に努力をしたことの良い思い出、あるいは悔しかった思い出にもなるものと考えていますので、参加は任意ですが毎年一つのイベントの大会ごとに対象者は選抜しますが、10名前後が参加しています。多くが参加を楽しみ、参加したことを良かったと思っていますこういうイベントもモチベーションをあげるためにもやはり大事なものですね。

 

10月試験場結果は日商3級合格者多数

7日に10月の日本商工会議所の試験場検定の結果を発表しました。今回の結果は、1級は残念ながら合格者がいませんでしたが、2級合格の4年生1人、3級合格の5人(2年生2人、3年生、4年生、5年生が各1人ずつ)の計 6人 の合格となりました。珠算の準初段、暗算の初段認定もありました。おめでとうございます。また、よく頑張りました。3級合格者の中の2人は続けて12月に準2級にも挑戦します。今回合格に届かなった1級、3級受験者は来年の2月が今の学年での最後の受験です。リベンジしましょう。

ところで、今回の3級の結果では学年の下のメンバーが正答率も9割(270点以上)をほとんどのメンバーが超えて合格し、学年が上の6年生以上のメンバーが合格に届かない結果となっています。合格ラインに到達したときに、確実に自分の課題をクリアしてきた結果かもしれませんね。上の学年ほど過信があったようにも思います。試験はそれほど甘くはありませんね。

また、教室では11月に入り全神奈川通信の競技会を行っています。特に、今回受験の上級者メンバーは、「速度」も「正確性」も増しています。前回の5月比で100点以上(メンバーによっては200点ぐらいいくかも)のアップはできるはずです。先の教場検定でも珠算・暗算のたくさんの合格者がいましたが、そのメンバーも同様ですね。この通信競技大会の結果も大いに楽しみですね。半年間での成長度合いが見えますね。